日本サイエンスコミュニケーション協会
 

 

サイエンスコミュニケーション実践講座

1 開催の趣旨
 日本サイエンスコミュニケーション協会は、サイエンスコミュニケーションを促進することにより、社会全体のサイエンスリテラシーを高め、 人々が科学技術をめぐる問題に主体的に関与していける社会の実現に貢献することを使命としております。そのためにはサイエンスコミュニケーションの普及と関係者のネットワーク形成が重要です。全国各地でサイエンスコミュニケーションを担う皆さんの活動を奨励、支援し、促進することを目的に、このたび、「日本サイエンスコミュニケーション協会認定サイエンスコミュニケーター」(通称:JASC認定サイエンスコミュニケーター)の認定制度を開始することになりました。
 この認定制度は、講座、実践、実績の3点から審査をして認定を行いますが、その根幹を成すのが、日本サイエンスコミュニケーション協会のサイエンスコミュニケーション実践講座です。本講座は、サイエンスコミュニケーションの基本から実践的知識・技術を提供するものです。サイエンスコミュニケーションの「基本的な考え方」「ライティング」や「外部資金活用」などの一般性のある知識と手法を学び、具体的活動として「サイエンスカフェを企画する」ことを体験する「実践講座」を実施します。
 この実践講座に参加し、修了された方は「JASC認定サイエンスコミュニケーター」の資格要件の一つである「サイエンスコミュニケーション又はリスクコミュニケーション講座の修了」を満たすことができます。
 なお、日本サイエンスコミュニケーション協会のサイエンスコミュニケーター資格認定制度については要綱をご参照ください。


2 主催者
  主催:日本サイエンスコミュニケーション協会 
 
3 開催場所・日時
(1) 開催日時:2020年2月1日(土)、2日(日)10:00~16:30(開場9:45)
(2) 場  所:三鷹ネットワーク大学
        〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-24-3 三鷹駅前協同ビル3階
(3) 定  員:10名程度
(4) 参 加 料:3,000円(「サイエンスコミュニケーションのはじめかた」丸善出版を支給)
       参加料は以下の口座に1月30日までにお振込みください。
       ※ 振込依頼人名を「ke 氏名」としてお振込みください。

       振り込み口座 三菱UFJ銀行三鷹支店(店番222)
              普通口座
              口座番号:0130029
              口座名:一般社団法人 日本サイエンスコミュニケーション協会
              シャダンホウジン ニホンサイエンスコミュニケーションキョウカイ

4 参加対象
サイエンスコミュニケーターに関心のある学生・大学院生、科学技術の活用に関心のある市民、幼稚園・保育園・小中高等学校の教員、科学館職員、科学館運営サポーター等

5 内容
 本講座では、サイエンスコミュニケーションに関心のある学生・大学院生、市民を対象として、サイエンスコミュニケーターとしての基本的知識・技術を学び、「サイエンスコミュニケーション」の実践的事項を習得する。
 そのため、本講座では大きく「科学コミュニケーションの全体像の理解」と「外部資金の導入とそのマネージメント」及び「サイエンスカフェによる科学的テーマによるサイエンスコミュニケーション」の実務を体験します。サイエンスコミュニケーション・スキルの習得と実践例である「サイエンスカフェ」の「企画書」を参加者が作成し、発表します。

6 日程(予定)

実施日

講義名

概要・講義目標

講師

所属

21

10:00

〜11:00

サイエンスコミュニケーションの理解と拡がり

本講座の進め方とサイエンスコミュニケーションが生まれてきた背景や基本的な考え方を学ぶ。博物館を事例にサイエンスコミュニケーション活動とその広がりを学ぶ。

小川 義和

国立科学博物館連携推進・学習センター長

21

11:15

〜12:30

科学技術政策と社会

日本の科学技術政策を形成するさまざまな事例紹介とそれらの活動を行うための考え方やその方法論とさまざまな基礎知識を学ぶ。

赤池 伸一

文部科学省科学技術政策研究所

21

13:30

〜16:30

サイエンスライティング

科学技術について非専門の方々と語り合うためのコミュニケーション能力のうち、「書く」ことに焦点を絞った内容を学ぶ。

渡辺 政隆

日本サイエンスコミュニケーション協会会長

22

10:00

〜11:00

サイエンスコミュニケーションのマネージメント

サイエンスコミュニケーション活動を実施するためには、資金の獲得から計画の実施までの様々な運営に関する知識や技術が必要となる。ここでは、外部資金導入手法や様々な活動の計画とその運用について学ぶ。

高安 礼士

日本サイエンスコミュニケーション協会理事

22

11:15

〜12:30

市民と創るサイエンスコミュニケーション

様々な機関、施設で、一般の方々に対して科学的なテーマを考える契機をつくる場づくり、スタッフ配置、プログラムデザイン、参加者同士のコミュニケーションのしかけ、資金獲得などの実際を学ぶ。

大朝 摂子

チーム科学の森みたか事務局長

22

13:30

〜16:30

サイエンスカフェの計画

講座受講者がサイエンスカフェを実施するための計画を策定し準備を行うグループ編成を行い、各グループの方針・計画の発表について評価、協議を行う。

佐々 義子

くらしとバイオプラザ21常務理事


7 お申し込み
以下フォームからお申し込みください。
締切は1月28日(火)です。
 

サイエンスコミュニケーション実践講座 お申し込み(1月28日締切)

期限が過ぎたため受付けを終了しました。
プライバシーポリシー | 本サイトについて