日本サイエンスコミュニケーション協会
 

 

第4回JASC定例会

第4回JASC定例会を以下のように実施します。
会員・非会員問わず、お集まりください。
1.テーマ
5.21日食とサイエンスコミュニケーション活動

2.開催概要
日時:2012年7月15日(日)13:30~16:30(予定) 
会場:国立天文台三鷹 すばる棟1階 大セミナー室ほか
     三鷹市大沢2-21-1
    http://www.nao.ac.jp/access/mitaka/access.html

主催:一般社団法人日本サイエンスコミュニケーション協会

対象:サイエンスコミュニケーションに関心のある方ならどなたでも

3.開催趣旨
 本協会では、全国の広範な仲間との交流を通じて情報や理念を共有し、協働して課題を解決していくことを積極的に進めるため、定例会を開催しています。
 第4回定例会のテーマは「5.21日食とサイエンスコミュニケーション活動」です。国民の2割以上が見上げたという金環日食に際して、全国各地で行われた多様なサイエンスコミュニケーション活動を検証します。第4回定例会では、開催にあたり関連する研究発表を募集します。

4.プログラム

話題1:
   「自然科学研究機構国立天文台のサイエンスコミュニケーション戦略」
自然科学研究機構国立天文台天文情報センター普及室長 縣 秀彦
話題2: 
「金環日食の情報提供で生じたリスク・コミュニケーションの検証」
自然科学研究機構国立天文台天文情報センター普及室長 縣 秀彦


話題3: 
「2012金環日食日本委員会の活動」
2012金環日食日本委員会 大越 治


話題4: 
「天文教育普及研究会・金環日食調査WGの取組」
天文教育普及研究会・金環日食調査WG委員長 飯塚 礼子


話題5: 
「太陽研究者による金環日食アウトリーチ活動の紹介」
立教大学 矢治 健太郎

話題6: 
「体験からの問題意識の提起」
公益財団法人 五井平和財団 出口 隆之


<全体討論>:
司会: 高安 礼士


<オプショナルツアー>
担当:国立天文台天文情報センター 遠藤 勇夫
希望者は、国立天文台4D2Uドームシアターで立体視による宇宙の旅をご体験できます。 
http://www.nao.ac.jp/access/mitaka/4d2u.html

5. 参加費・申し込み等
(1)参加費
無料 事前申し込みが必要
協会員でなくても、どなたでも参加できますので、是非、ご参加のほど、よろしくお願いします。

(2)参加申し込み方法
EメールもしくはWebフォームよりお申し込みください。
受付期間 2012年6月21日(木)15:00~ 2012年7月12日(木) 12:00
参加は先着順です(定員(100名)になり次第、期限内でもお申し込みを締め切りますのでご了承ください)
参加者には別途メールにて連絡差し上げます。
※当日参加も可能です。会場に直接おいでください。
●Eメールでのお申し込み
 Eメール()宛てに、題名を「第4回JASC定例会申込」として、以下内容を記載してお申し込みください。

題名:第4回JASC定例会申込
--------------------------
[氏名]
[氏名よみがな]
[会員番号] ※会員の方のみ
[所属先名称]
[e-mailアドレス]
[連絡先電話番号]
--------------------------

●Webフォームよりお申し込み
 本ページ下部にあるWebお申し込みフォームよりお申し込みください。

(3)発表申し込み方法
以下の情報を宛に7月5日(木)15:00 までにお送りください。
発表希望が多かった場合は、採択を含め事務局で調整させていただきます。
(口頭発表のみ。想定としては、1発表で15-20分程度の予定)

--------------------------
氏名:
会員番号:
連絡先メールアドレス:
発表タイトル:
発表要旨:
--------------------------

 6.問合せ先
一般社団法人日本サイエンスコミュニケーション協会 事務局
TEL: 080-8257-7959
FAX: 020-4622-7059
E-Mail: 
 

第4回JASC定例会Web申込みフォーム

期限が過ぎたため受付けを終了しました。
プライバシーポリシー | 本サイトについて